彼女持ちから奪う行為には問題があるか?


たまたま、パートナーがいる相手を好きになってしまうことは
誰にでも一度はあることですよね。

では、そのときはあなたは

「他人の女性だしな…」
「先輩の彼女だし、恋愛の邪魔なんて…」
「友達から恋人を奪うような事は…」

と、そのまま自分の気持ちを諦めてしまいますか?
それとも、相手の男性からその女性を奪おうとしますか?

「大好きだったけど、今までずっとあきらめてきた」

と、自ら失恋を選んだという方は、問題を起こさなかった、
周囲の人間関係を壊さなかった、という意味では、
その選択は正しかったのかもしれません。

しかし、もし互いの気持ちが「本物」であり、かつ
「未来への可能性」を多いに秘めていた場合はどうでしょうか。

それは長期で見た場合には実は間違いだったとも
いえなくないのです。

その瞬間に諦めてしまったがゆえに、

「こうしていれば」

という後悔を背負ってしまう事にもなりかねません。

思い出として笑い話に出来ればまだいいのですが、
実際はずっと心のどこかには残っていますよね。

もし今あなたがそんな恋心を抱えているのなら、彼女持ちの
男性からの略奪愛を仕掛けてみる事は、自分の為にも良い場合が
多いです。


あくまで

「今の相手と別れたら、女性も幸せ。
 その相手の男性も幸せ、そして自分も幸せ。

というイメージを持つことが大事です。

もし相手が結婚している既婚者ならば、「あなたが原因で
離婚をした」という痕跡を残さないことが重要になります。

あからさまに彼女持ちの男性に対して「略奪」とわかる
振る舞いをしてしまうと、普通は問題視されて社会的な
風当たりが強くなり、さまざまなプレッシャーに苦しむ事に
なります。実際、不倫や略奪婚なんてそうですよね。

あくまで本人達の事情によって離婚し、その後、結果的に
あなたと結ばれたという、問題無さそうな筋書きを
作れるようにさせる事が大事なのです。


惹かれ合う者同士という雰囲気は何となくありながらも、
いや無いにしても、あなたが自分の方から無理に会うのを
止めてしまった女性はいますでしょうか。そのような女性なら
「略奪愛」する事が出来る可能性は十分にあります。

その為の方法を知りたいのなら、以下のマニュアルで
テクニックを学ぶことが出来ます。

詳しくはこちらをクリック