彼女持ちから奪うために自分が取るべき行動


もし、あなたが好きになってしまった片想いの女性に
交際相手がいたら…。

失望し諦めますか?
それとも奪いますか?

普通は、女性が全く自分を望む気持ちが無かったら歯は立ちません。

交際相手がいるのに、他の男性を好きになるっていうことは、
多少なりとも女性が自分を望んでいると感じられた時だと思います。

つまり、交際相手の足りない部分を他の人に求めてしまう。
このような事だと思います。

彼氏と同じような人なら、他の人に心移りする事は
まずないですよね。


以前に、好きになった女性を口説く際に、
彼氏がいた場合の落とし方というのを考えたことがあります。

相手の女性は、「彼氏はいない」、と言っていたのですが、
なかなか落ちないので、相手に彼氏がいた場合を仮定して
対策を考えていました。

自分が勝手に妄想で作った彼氏というのは、
相手の女性にとっての理想の男性像だったように思います。

この方法では、仮想のライバルに追いつくため、
ひたすら相手の理想に近づこうとしてしまいます。
つまり、キリがないのです。

それに比べると、実在するライバルの方が楽です。
なぜなら、実在する恋人には≪確実に欠点が存在するから≫です。

問題は、その欠点が相手にとって、どれだけ価値の
あることかです。

別に大して問題でない欠点では、その部分で自分が頑張っても
奪い取ることはできません。

やっぱり、その相手にとって必要不可欠な事であり、
ライバルに無く自分に有る場合に略奪愛が成立するのでしょう。

女性の悩み(彼氏の事)を聞いたりすると、自分が
彼氏だったら問題ないのにな〜と、よく思ったりします。

奪い取れそうだ、と思ったりしますが、そう簡単にはいきません。

女性は愚痴を聞いて欲しいだけの場合が多々あります。
ようするにその主張内容自体は致命的な問題ではない
ということですよね。

そんな罠に引っかかって調子に乗ると、痛い目に会い
馬鹿を見る事になります。相手の思っている人が交際相手でなく
片思いの相手の場合、話を聞かされて、チャンスが十分にある
と思ってアタックしても、全く効果がない場合もあります。

交際して貰えないという大きな欠点がライバルにあっても、
その片思いの相手を理想化されていると、自分がいくら
頑張っても比較さえしてもらえない事になります。

ライバルと同じ土俵の上にいなければ、略奪愛は
成立しないのです。自分の事を相手と比較の対象と見てくれて
いるかどうか、それが重要なことです。

比較の対象であり、自分なら問題を解決できると相手に
理解されていれば、あとは、≪攻める≫事が大事になります。

女性がそれを望んでいるようなに感じられたら、奪うのみです。
女性には既に交際相手がいるのですから、遠慮していては
絶対に落ちません。

まず、女性の不満を常に聞いてあげる事が大事です。
不満を言い続けていると相手は「自分が正しい」という
気持ちをだんだんに強く持つようになり、やがては期待通りの
結果になります。


もし、あなたが大好きになった人に交際相手がいても、
その彼女持ちの男性から奪い取る事に成功し、自分が
彼氏彼女の関係になれる方法。その極秘テクニックを学べる
マニュアルは以下から・・・

詳しくはこちらをクリック